JEONGSEON COUNTY

旌善へようこそ 主要観光地

旌善美術館

旌善美術館

旌善美術館(チョンソン・ミスルグァン)は旌善郡画岩面虎村里に位置している。虎の村という意味を持っている虎村里(ホチョンリ)は田舎の趣が強く感じられる村である。廃校になった小学校を改造して作られた旌善美術館には韓国で一番大きい薪窯があり、建物の中には陶磁器展示場を始め、陶芸体験場、書芸館などがある

  • Jeongseon Art Museum
  • museum

    博物館・展示館 旌善美術館

特徴: 韓国最大の伝統的なオルム窯(登り窯)
利用案内 Use
  • アドレス : 江原道旌善郡小金剛路1850
  • 電話番号: +82-33-652-3443
  • ホームページ: http://cafe.daum.net/hochon   
  • 休業日: 年中開放
  • 利用時間: 常時利用可能
  • 入場料: 無料
  • プライベート使用料金: なし
  • パーキング: なし
  • 駐車料金: 無料駐車
  • おすすめ季節: 四季折々
  • 周辺観光地: 三灘アートマイン、アウラジ、旌善レールバイク
  • 最後の更新: 2016-08-31
観光ガイド

旌善美術館は2001年、あるテレビ番組で「ラブハウス」という名前でリモデリングされた場所としても有名である。美術館の前には青い芝生が広がっており、入口のほうにはキャンピングができるオートキャンプ場も用意されている。すぐ前には渓谷があり、周辺は全部山なので夏の静かな憩の場としても悪くない。 室内には陶磁器や書芸作品など多くの作品が展示されており、野外でも彫刻品や窯施設などを見ることができる。

観光のヒント

静けさ漂う場所に位置している旌善美術館は、1998年に廃校となった小学校を改造して作られた。現在は個人の所有であり、美術館の裏側には小金剛(ソグムガン)が流れている。垣の周りでは樹齢の長い樹木が美術観を庇護している。自然と芸術の美しさに同時に触れられるここでは、運がよければ窯から陶磁器を取り出す瞬間を見ることができる。 自然を背景に様々な作品が展示されているので、室内外を自由に出入りしながら楽しめる。山と水に囲まれ、日常生活で抱いていた大小の悩みは忘れてオートキャンプ場で一晩泊まり、まるで昔の士人のように、人生に訪れた1日間の余白の美を味わうことができる。 授業の始まりと終わりを告げていた鐘やオルガンも見える。まるでタイムマシーンに乗って、大昔の時間を旅しているような錯覚を覚えさせる。 周りには、便宜施設・観光施設等々、どこの観光地に行っても同じように見えるありふれた背景がないため、かえって心はもっと穏やかになる。 周辺の景観が美しい高原地帯に位置しているので、観光客のための癒しの場になるだけでなく、作家たちの創作の場としても遜色がない。 絶滅危惧種であるカジカ(トゥグリ)という魚が生息しているくらい清々とした場所なので、子供たちは都心では見られないカエル、オタマジャクシなどをたくさん見て知らぬ間に自然体験学習ができる。 美術館のある虎村里は、画岩洞窟(ファアム・ドングル)、画岩五湧水(ファアム・オヤクス)、小金剛などの観光地に隣接している。そのうち、画岩八景(ファアム・パルギョン)の中の第七景である没雲台(モルンデ)は、昔から詩人や墨客がたくさん訪れていた場所として有名である。「絶景に惚れて雲も休んで行く」という意味を持っている没雲台は、数百の岩石からなる切り立った崖の姿をしている。崖の上には100人以上が乗れるくらい大きな磐石が広がっており、樹齢500年を超える松が左右と向かい側の「老松3兄弟」と共に立っている。ここの景色に感動した詩人黄東奎(ファン・トンギュ)は《没雲台行き(モルンデヘン)》という詩を書いたという。それだけ、没雲台から眺める周りの川と村の平和な風景は心に安らぎを与えてくれる。